読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書の旅

私にとって「読書」とは何かを考えます。

読書体験(幼少期)

今日は、少しばかり「読書体験」を振り返ってみたいと思います。

「読書」を考察するときに、やってみたかったことの一つに、「読書体験」の振り返りがあります。覚え書きのようなものですので、あしからず。

 

まずは、幼少期編。

 

子どもの読書興味の発達の段階において、4-6歳は昔話期なのだそうです。

 

自分はどうであったかというと・・・

この時期の記憶が、あまりありません(笑)

 

家族の話によれば、祖父の膝の上でよく昔話を読んでもらっていたそうです。

そういわれて、膝の上にいた記憶が少しばかり蘇ってきました。

 

幼稚園にあった絵本では「にじいろのさかな」や「ぐりとぐら」が好きだった気がします。

 

現在も手元にあり、記憶にも残っているのは進級記念と卒園記念にもらった本です。

一冊目が「もりのレストラン」、二冊目が「エルマーのだいぼうけん」でした。

 

ざっくりですが、以上、読書体験幼少期編でした。

読書体験シリーズは気まぐれで書きたいと思います。

 

はる